美肌のため、化粧水を手でやさしくなじませよう

ニキビが改善せずに悩んでいるときは、スキンケア方法を見直すことで改善していくことがあります。
たとえば、化粧水をつけるときにコットンを使っている場合は、コットンではなく手でつけるようにしましょう。
コットンに化粧水を含ませてパッティングすると、ニキビに刺激を与えてしまうからです。
刺激を与えることでニキビの炎症を悪化させてしまう心配がありますので、ニキビを早く治したいときはコットンを使わずに手で化粧水をつけることが大切です。
特に敏感肌の人は、パッティングを続けることでお肌の表面を傷つけやすくなってしまいますので、手でやさしくなじませることを意識しましょう。
ちなみに、手で化粧水をつけるときは、ハンドプレスをすることでお肌がじんわりと温まって、化粧水がお肌になじみやすくなると言われています。
化粧水を少量ずつ手にとって、ハンドプレスをしながら重ね付けをすると、繰り返しパッティングをしなくてもお肌全体にムラなくなじませることが可能です。
簡単にできる美容法なので、頭に入れておくと役立ちます。