ニキビが改善したいときに気を付けたいこと

ニキビができないように丁寧なスキンケアを行っていても、なかなか改善されなかったり、治ってもすぐにまたニキビができてしまう場合は、細かな点を見直してみるとよいでしょう。
まず、顔を洗いすぎないことです。
ニキビができていると清潔にしたいという気持ちから、つい何度も洗顔してしまうという人が多いと言われています。
でも、洗いすぎることでお肌が乾燥していまい、バリア機能が乱れます。
すると、お肌がさまざまな刺激に弱くなり、ニキビができやすくなってしまいます。
ニキビが気になるからといって何度も洗顔せず、洗顔するときはお肌の表面にある水分や皮脂を守りながら丁寧に洗うように気を付けましょう。
また、洗顔した後に水気をふき取るときはタオルでゴシゴシこすらないことも大切です。
タオルでこすることでお肌に刺激を与えてしまったり、タオルに付着している雑菌がお肌についてしまう場合があるからです。
できれば清潔なキッチンペーパーやティッシュで水気をやさしくふき取るようにすると、ニキビはもちろんのこと、美容にもうれしい効果が実感できます。